BTL TOKYO BUSINESS TIME LINE

普段知ることのできない制作の裏側をマーケティング視点で徹底調査し、注目のヒトや今話題のモノ・コトなど、最新のクリエイティブ情報をお届けしています
昨今、新たな価値を生み出す人材としてアート的要素を持つ「クリエイティブクラス」が提唱される(米国の都市社会経済学者リチャード・フロリダ氏)ようになっています。

今、日本では企業内クリエイティブクラスの人材を発掘し、寛容に受け入れスキルが発揮される社会の仕組みづくりが急がれています。
BTL TOKYOでは、日本経済成長を推進するためにクリエイティブクラスが思いっきり力を発揮出来るようクリエイティブ経済のスキーム構築を図ります。

WEB

webサイトイメージ

NEXgateは人が介在する「サポートデスク」によるビジネスマッチングを行うのが特徴です。 今までサポートデスクに蓄積された情報として、発注者からの「取得したい業界の見積もり金額相場感」「依頼するための会社選定方法」「初めての業界への見積依頼方法」「依頼するにあたり、どこから金額が発生するのか」「依頼したいけれど、業界用語がイマイチ分からない」「プロジェクト推進において、不足している技術やノウハウなどを補えるパートナーを探すには?」などの質問の声が多数寄せられていました。 そんな課題を解決する、様々な業界に特化したビジネスに役立つ情報をお送りするクリエイティブ経済圏です。更に、BTL TOKYOの紙面で紹介しきれなかった特集内容や、クリエイティブ情報、ビジネスに関する豆知識などを紹介しています。

BTL WEBサイトはこちら

Tabloid

BTLイメージ

BTL TOKYOは2015年6月に創刊し、東京・大阪を中心に全国で5万部を発行しています。「CREATE TO INNOVATE」を軸に、世界に挑戦するクリエイター、マーケター、各界で創出されるイノベーションな取組みに着目する無料の「クリエイティブ経済誌」です。 普段知る事のできない制作の裏側をマーケティング視点で紹介、注目の人物や今話題のモノなど、最新のビジネストレンド情報を編集部が徹底調査。 第一特集では、各分野で活躍する「人」にフォーカスし、その人の本質へ迫ります。また、第二特集では、「ブーム先取り」で最新のモノやコトに関して紹介。 さらに、ネクスゲートに登録しているクリエイティブ企業から、毎月テーマに沿った事例も紹介しています。

今月号の紹介

BTL TOKYO【企画・クリエイティブ向けビジネストレンド誌】7月号エンターテインメントというビジネスを解剖する

2017年3月、アジア初となるTBS主催360度客席回転型『IHI ステー ジアラウンド東京』が豊洲にオープン。こけら落としとして劇団☆新感線の代表作『髑髏城の七人』を" 花・鳥・風・月 " でシーズンごとにキャスト、脚本、演出をチェンジして1 年3ヶ月にわたり上演。オープン間もないが、連日席はソールドアウトが続いて いる。更に、5 月には全国 58 箇所の映画館でライブビューイングも実施するほどの盛況ぶり。そこで BTLでは、6 月 27 日から始ま る "Season 鳥 "主演の阿部サダヲにフィーチャー。新感覚の劇場でどのような役づくりを考えているのか。また、ステージアラウンドの総合プロデュースを行うTBS 事業局 局長 吉田氏へ、エンターテイ ンメントにおけるビジネス化について迫る。

表紙の人
阿部サダヲ
1992年の舞台「冬の皮」より大人計画に参加。同年にはTVドラマ初出演も果たす。舞台、ドラマ、映画と幅広いフィールドで、コミカルな作品からシリアスな作品まで幅広く活躍している。07年には映画「舞妓 Haaaan!!!」で初主演を飾り、第 31 回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。11 年には民放ドラマ初主演となった「マルモのおきて」(CX)が社会的現象になるほどの人気を博した。また、パンクコントバンド“ グループ魂”のボーカル・破壊としても活動している。近年の主な出演作に【ドラマ】「下剋上受験」 (17・TBS)、「おんな城主 直虎」(17・NHK【) 映画】「殿、利息でござる!」(16)、「ジヌよさらば~かむろば村へ~」(15)、「寄生獣」シリーズ (14-15)、【舞台】「ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン」「逆鱗」(16)、「 八犬伝」「シダの群れ 第三弾 港の女歌手編」(13)など。劇団☆新感線には本作が4作目の参加となる。
阿部サダヲ流 「観客を飽きさせない」表現の挑戦 http://businesstimeline.jp/release

無料定期購読

無料定期購読

ビジネスマッチングプラットフォーム