BTL TOKYO BUSINESS TIME LINE

普段知ることのできない制作の裏側をマーケティング視点で徹底調査し、注目のヒトや今話題のモノ・コトなど、最新のクリエイティブ情報をお届けしています
昨今、新たな価値を生み出す人材としてアート的要素を持つ「クリエイティブクラス」が提唱される(米国の都市社会経済学者リチャード・フロリダ氏)ようになっています。

今、日本では企業内クリエイティブクラスの人材を発掘し、寛容に受け入れスキルが発揮される社会の仕組みづくりが急がれています。
BTL TOKYOでは、日本経済成長を推進するためにクリエイティブクラスが思いっきり力を発揮出来るようクリエイティブ経済のスキーム構築を図ります。

WEB

webサイトイメージ

NEXgateは人が介在する「サポートデスク」によるビジネスマッチングを行うのが特徴です。 今までサポートデスクに蓄積された情報として、発注者からの「取得したい業界の見積もり金額相場感」「依頼するための会社選定方法」「初めての業界への見積依頼方法」「依頼するにあたり、どこから金額が発生するのか」「依頼したいけれど、業界用語がイマイチ分からない」「プロジェクト推進において、不足している技術やノウハウなどを補えるパートナーを探すには?」などの質問の声が多数寄せられていました。 そんな課題を解決する、様々な業界に特化したビジネスに役立つ情報をお送りするクリエイティブ経済圏です。更に、BTL TOKYOの紙面で紹介しきれなかった特集内容や、クリエイティブ情報、ビジネスに関する豆知識などを紹介しています。

BTL WEBサイトはこちら

Tabloid

BTLイメージ

BTL TOKYOは2015年6月に創刊し、東京・大阪を中心に全国で5万部を発行しています。「CREATE TO INNOVATE」を軸に、世界に挑戦するクリエイター、マーケター、各界で創出されるイノベーションな取組みに着目する無料の「クリエイティブ経済誌」です。 普段知る事のできない制作の裏側をマーケティング視点で紹介、注目の人物や今話題のモノなど、最新のビジネストレンド情報を編集部が徹底調査。 第一特集では、各分野で活躍する「人」にフォーカスし、その人の本質へ迫ります。また、第二特集では、「ブーム先取り」で最新のモノやコトに関して紹介。 さらに、ネクスゲートに登録しているクリエイティブ企業から、毎月テーマに沿った事例も紹介しています。

今月号の紹介

BTL TOKYO【企画・クリエイティブ向けビジネストレンド誌】9月号「AI」が人間知能を牽引する

「インターネット」と言われるテクノロジーが一般的に普及して20 数年、今、新たなパラダイムシフトが起きようとしている。インターネット の普及から、スマートフォンの登場、それに続くように IoT 時代へ入り、今は「AI」がテクノロジーを先導する流れにある。AI がこれ までのテクノロジーと違うポイントは、「人が介在しなくても AI の判断によって最適な回答を出せるか」。それは、より人間の意識に基づ く「アルゴリズム」として確立しようとしていること。蓄積された過去のデータ分析だけでは解けない最適な解をどのように導くのか。 これは人類が挑戦する新しいテクノロジーの在り方でもある。今回の BTL では、「AI」というテクノロジーがもたらす今と少し先の未来 を予測しながら、現実のものとしてどのように実現され、それをどのように受け入れていくべきなのかを専門家へ問いてみることにした。

表紙の人
スプツニ子!
テクノロジーによって変化していく人間の在り方や社会を反映させた映像、音楽、写真、パフォーマンス作品を制作。 最近の主な展覧会に、「第3回瀬戸内国際芸術祭」(ベネッセ アートサイト常設作品2016)など。 2013年よりマサチューセッツ工科大学(MIT) メディアラボ 助教に就任し Design Fiction 研究室を創設。 2016年第11回「ロレアル- ユネスコ女性科学者日本特別賞」受賞。 2016年4月~NHK「スーパープレゼンテーション」のMCを務める。著書「はみだす力」(宝島社)。
「AI」が人間知能を牽引する https://businesstimeline.jp/release

無料定期購読

無料定期購読

ビジネスマッチングプラットフォーム